ナチョ・リブレ 覆面の神様

実話をヒントに、傾きかけた修道院を救う為、メキシカン・プロレス(ルチャ・リブレ)の覆面レスラーとして奮闘する心優しきダメ男の活躍を描いたスポーツ・コメディ。
主演は「愛しのローズマリー」「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック。
共演にエクトル・ヒメネス、アナ・デ・ラ・レゲラ、リチャード・モントーヤ、「コンスタンティン」「プリズン・ブレイク」のピーター・ストーメア、セサール・ゴンサレスなど。
監督は「バス男」のジャレッド・ヘス。

「ハイ・フィデリティ」「愛しのローズマリー」「スクール・オブ・ロック」「隣のリッチマン」「キング・コング」…、準主役以上の役をやり出してからのジャック・ブラック作品に外れはありません。
そんなわけで、この「ナチョ・リブレ 覆面の神様」にもかなり期待していたのですが、全く期待を裏切らないどころか、これまで以上にジャック・ブラックという俳優を好きになってしまいました。

ストーリーはもうベタベタ。
決して真新しい要素はないですし、展開も簡単に読めてしまうのですが、この作品はジャック・ブラックの表情を、動きを、そして歌を楽しむのが正しい鑑賞法。
あのぽっちゃり体型のジャック・ブラックがレスラー役なんて、それだけで成功を約束されたようなものです。
相変わらずの目力、表情でアドリブ連発。
そして勿論歌も披露!
中でもヒロインのエンカルナシオン(ペネロペ・クルス似)に捧げる歌は爆笑必至!!
笑いすぎてお腹が痛くなってしまいました。
今のハリウッドでこれほど見た目も演技も個性的な役者はいないでしょう。

ジャレッド・ヘスの「バス男」でも発揮されていたトボけた演出も健在で、次々に登場する変な対戦相手たちが妙な豪華さを醸し出しています。
それにしても、イグナシオ(ジャック・ブラック)の相棒であるヤセ役のヘクター・ヒメネスはメキシコでは人気俳優らしいのですが本当なんでしょうか。
あんな惚けた顔なのに(笑)
あと、ピーター・ストーメアが胡散臭い占い師役で出てたのには驚いたなぁ。
音楽ガダニー・エルフマンだったのにも驚いたけど。
とにかくジャック・ブラック・ファンは絶対必見の作品です。
ジャック・ブラックは次回作「テネイシャスD/運命のピック」(ロニー・ジェイムス・ディオも出演!)も楽しみですが、ミシェル・ゴンドリー監督作の「Be Kind Rewind」が期待大!
突如脳が磁気を帯びてしまった男(ジャック・ブラック)が磁気のせいでレンタルビデオ店のビデオを消去してしまい、常連客であるお婆ちゃんの為に自ら映画を撮り直すというストーリー。
絶対面白いわこれ。


Similar Posts

コメント

  1. mig says:

    sinさん★

    これも観たんですね。
    あれ?先ほど書いたスネークフライトへのコメントが消えちゃったみたい。。。。(泣)

    JBのテネイシャスDは
    もうサントラ手に入れてきいてますよ~♪
    楽しみ♪
    でもあまりあちらであたらなかったんですよねー

  2. ナチョ・リブレ 覆面の神様 /Nacho Libre

    <Groovy(グルービー)>
    で食事した後は
    1日半ぶりに家に帰ってきて正月中にやっていた映画を鑑賞

    WOWOWで初笑い特集としてやってたこの作品を初めて観た

    ナチョ・リブレ 覆面の神様
      公式HP
      詳細@yahoo映画

    うーん、普通だった

    プリズンブレイクではマフィアのアブルッチ役を勤めているピーター・ストーメアですが、ジャック・ブラック主演の映画ナチョ・リブレに出演しています。 日本での映画公開時期にちゃんとお伝えできればよかったのですが(事情によりお伝えできず申し訳なかったのですが)…

    監督 ジャレッド・ヘス 主演 ジャック・ブラック 2006年 アメリカ映画 92分 コメディ 採点★★★★ 仕事の関係で盛岡市に住んでいた頃、街の至る所でよく見かけたのがレスラーのザ・グレート・サスケ。さすが、みちのくプロレスの地。で、蕎麦屋で見かけようがビデオ屋で…

    修道院の料理番が、孤児やシスターのためにリングで戦うハートフル・コメディ。
    「タイガー・マスク」の原案と言われる、メキシコの伝説的レスラーの実話が元。
    監督は『バス男』のジャレッド・ヘス。
    主人公のダメ男ナ

    プロレスって最近観ないんです。リングを「風神」の掃除機で奇麗にする時代の人間だったので、ここ十数年でプロレスに燃えてた時期は佐山サトルのタイガーマスクの時と…、前田日明やサブミッションの達人ヴォルク・ハンとかサイボーグ:ディック・フライのいたリングス…

    私くらいの年齢の人には、メキシコプロレスと言えばやっぱり「千の顔を持つ男」ミルマスカラスが断トツに有名だろう。
    メキシコ人はたぶん世界で一番プロレス(ルチャリブレ)が好きな国民で、田舎の小さな街を旅しても、外国で?

    ジャック・ブラック、ヘクトル・ヒメネス主演

    メキシコの田舎町の修道院にナチョは食事当番として働いています
    幼い頃からこの修道院に育てられますが 宣教師には成りきれません
    食事にあてる費用は無く 粗末な物しか作る事しか出来ずに
    修道院の孤児達から もっ…

    2006.11.4公開2日目のオールナイトで鑑賞。
    2日続きのナイト鑑賞は、ちょっときついなぁ。
    この作品はジャック・ブラック主演。
    メキシコプロレスなんて・・・・
    ミル・マスカラスを思い出しちゃうひらりん。
    それよりは、ずーーーーっとダサそうな覆面レスラーら…

     強ければそれでいいんだと育った孤児の伊達直人。

    —-ニャんなの。ナチョ・リブレって?
    「うん。それにはまず、ルチャ・リブレという言葉から説明しなくてはならない。
    このルチャ・リブレとはメキシコ独特のプロレス。
    ルチャとは自由、リブレとは戦い。
    つまり<自由への戦い>という意味がこれにはある。
    また、レス…

    大好きな、「ナポレオンダイナマイト」(監督/ジャレッドヘス)+
    「スクール・オブ・ロック」(脚本家/マイクホワイト)
    +ジャックブラック主演{/heart/}
    ときたらワタシの中ではもう最強のトリプルパンチ{/goo/}{/kaminari/}な映画{/ee_2/}

    カナーり楽しみにしてたこの…

  3. sin says:

    えぇ、もうかなり前ですけど(汗)

    「スネーク・フライト」にコメント下さったんですね。
    ありがとうございます!
    でも消えちゃったんですね…スイマセン。

    「テネイシャスD」のサントラ!
    オリジナル・アルバムの方はたまーに聴いてるんですけどね(笑)
    ソニーさん一押しらしいので楽しみにしてます。

コメントの受付は終了しました。