パンの迷宮

今年のアカデミー賞は菊地凛子の助演女優賞へのノミネートによって日本でも注目が高かったように思います。
残念ながら前評判通り、「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンが受賞しましたが、これを機に海外からのオファーも殺到するでしょうし、狭い日本を飛び出して世界に出て行って欲しいですね。

ただ、個人的には菊地凛子が受賞するかどうかにはさして関心はなく、それよりも"無冠の帝王"スコセッシが受賞するのかどうかが気になってました。
果たして、スコセッシは作品賞と監督賞で念願の初オスカーを手にしたわけですが、本人はあんまり喜んでなさそうですね。
だって、インタビューで「本当は(ディパーテッドを)撮りたくなかった」って言ってましたから(苦笑)
「そろそろ、スコちゃんにもオスカーあげるべきでしょ」的空気がアカデミー協会にあったのかどうか知りませんけど、どうせあげるならもっと前にあげておくべきだったと思います。

あと、製作時から注目していたギレルモ・デル・トロの「パンズ・ラビリンス」が撮影賞、美術賞、メイクアップ賞の3部門で受賞したのは驚きでした。
トレイラーとか見る限りでは割とホラー要素も強いのに、それでも受賞するって事はよっぽどデザインや造形が際立っていたんでしょうね。
ますます観たくなってしまいました。

で、「いつ公開かなぁ」と日本版HPをチェックしたら…、


今秋、全国ロードショー!

おいおい、今秋ってあと何ヶ月あるねん…。
もう、ガックリきてしまいました。
てっきり5月くらいには小規模でも公開されると思ってたのに(涙)

オフィシャル・サイトでこんなポスター見たら、早く観たい!って思いませんか?


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life