サイレン FORBIDDEN SIREN

弟の療養のため引っ越してきた小さな島で、主人公の少女に降りかかる数々の謎と様々な怪異を描いた大ヒット・ゲームソフトの映画版。
出演は市川由衣 、森本レオ、田中直樹、阿部寛、西田尚美、松尾スズキ、嶋田久作、高橋真唯など。
監督は「ケイゾク」「トリック」の堤幸彦。

オリジナルのゲームの方はやり込んでないけど、横で見てて割と怖かった記憶があります。
でも、この映画版はさっぱり怖くない…。
まぁホラーで「怖い…ぶるぶる」なんてなる事はまず無いのでそれは別に良いのですが、全体的にチープさというか、今の邦画界の底の浅さが感じられてしまって、それにゲンナリさせられましたね。
脚本も粗いし、主演の市川由衣の演技も酷い、その上森本レオと田中直樹にあんな事やらせたらダメでしょう。
どう考えても笑いしか起きないし。
オリジナルの面白さ、怖さは、「圧倒的弱者である主人公が逃げるという術しか選べない」ところにあるのに、それを全く活かせてません。
オチも決して悪くないけど伏線の張り方があからさま過ぎましたね。
堤幸彦、好きな監督なんですけどテレビ向きなのかな。

と言うか、これ書くまで見た事すら忘れてたし(苦笑)


Similar Posts

コメント

  1. 入ル人ラ says:

    サイレン

    {{{<FORBIDDIN SIREN>}}}
    [[attached(1,left)]]
     序盤は期待させるけど、
    やっぱサイレンが鳴り始めてから
    変になってくる?・・・というのは当たり前か・・・。
    怪奇なストーリーだからねぃ・・・。
    けどなんというか、整合性がないというか、
    破状しかけてきたというか…

コメントの受付は終了しました。