スティッキー・フィンガーーーズ!

スティッキー・フィンガーズ
今日から約半年振りにドラムのレッスン開始しました。
まぁ半年ぶりとは言ってもワタナベにはたまに顔出してたので全然そんな感じしませんけど。

で、久々のレッスンは”Brown Sugar”でスタート。
奇しくも今週末に北山でセッションが行われるTHE ROLLING STONESの代表曲です。
「何で今さら単純な8ビートばっかりのストーンズ?」と思うかも知れませんが、やはり8ビートは基本中の基本。
8ビートをちゃんと叩けずに複雑なリズムが叩けるはずありません。
これはドラムに限らず他のパートにも言える事ですけど、テクニカルな演奏をする事ばかりに主眼がおかれてるバンドにそういうの多いですよね。
僕もまだまだCharlie Wattsのような世界中の人をノセられる8ビートには程遠いです。

最近日本全国で「金属製品」が盗まれているようですね。
何でもステンレスなどが中国で高値で売れるんだとかで、公園の滑り台の滑走部分とか看板とか何でもアリの様相。
そんなニュースを見ていてふと思いました。


Ron Keelが犯人だったら面白いよなぁ…

しかし、1人でウケていたのも束の間、
あれはSTEALERじゃなくて、STEELERでした(汗)
まぁどっちにしても関係ある名前なんですけど。
まぁSTEALERとか普通バンド名にしないか…。

Steeler


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. ろくまん says:

    上のほうのジャケ写、素でモトリーのアルバムだと思ってました(笑)

    8ビート、単純であるがゆえに本当に難しいですね。テンポが変わるだけでノリや弾き方まで大きく変わってくるんですから。。。既に降参してます(笑)

  2. sin says:

    「華麗なる激情」ですね(笑)

    8ビートは本当に奥が深いです。
    あとダイナミクスも。
    習得しないといけない事が山積みです…(汗)

  3. 陰陽師@やっさん says:

    >やはり8ビートは基本中の基本。

    先日来日したテリー・ボジオ氏は、最初に影響を受けたドラマーはリンゴ・スターだ、とおっしゃってたそうです。。。

    ふ、<太>深い。。。

  4. sin says:

    僕もそうです、奇遇ですねぇ(笑)

    一時は、派手なプレイにばかり目が行きましたが、練習すればするほど8ビートや簡単に聞こえるリズムが難しく感じます。

コメントの受付は終了しました。