創作に必要なものとは

ライヴから一夜明けて…、

か、体が痛い…。

4月から続けてきた無茶もそろそろ限界っぽいですな。
明日久々に接骨院行って来ます。
と言うか、これは根本的に改善しないとマズいなぁ。

そんなわけで、今日は一日家に引きこもり。
録りためてたDVD見たり、本読んだり、音楽聴いたり…あぁ、幸せ。
体痛いけど。

その中でもホラーTVで放送された「2006 SCREAM AWARDS」がかなり面白かったです。
この"SCREAM AWARDS"はホラー、SF、ファンタジー、コミックといった、メジャーな映画祭や映画賞では滅多に話題にのぼらない作品たちに賞を与える祭典。
その賞のタイトルもバカなのが多くて笑ってしまうんですが(詳しい受賞結果はSpike TVのサイトで)、こういうイベントをやれてしまうのが凄いですよね。
無難にまとめようとする日本ではまず無理だと思います。
結局のところ、こういうバカさ加減というか、遊び心がないとどんなジャンルでも良いモノって作れないんだと思います。

数ヶ月前に遊びに行ったエキスポランドで痛ましい事故が起こってしまいましたね。
その時に僕も乗ったのであまり他人事とは思えません。
不幸にも亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

当たり前の事ですが、殆どの人はただスリル(=快感)を求めて絶叫マシーンに乗るわけで、決して死に近づきたいわけではないでしょう。
でも、客観的に考えれば確実に近づいてますよね。
死というものは日常的なものですし、非日常的なシチュエーションなら尚更です。

勿論、会社側の管理責任は厳しく問われるべきですが、これを切っ掛けに絶叫マシーン自粛なんて事になるのは違うと思うんですよね。
それって公園から遊具が次々となくなっていくのと同じじゃないですか?

何の解決にもならない最も安易な結論が、あたかも当然であるかのように蔓延する社会の方が恐ろしく感じます。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. シバチョー says:

    こんなチャンネルがあったんですね。不勉強で初めて知りました。
    『MASTERS OF HORROR』はDVDでレンタルしようと思いつつそのままなので、一挙放送ってのは良いですねー。書かれている「2006 SCREAM AWARDS」も面白そう。タランティーノ&ロドリゲスって・・・『FROM DUSK TILL DAWN』コンビがまたホラー映画作ったんや(笑)アメリカではやはり「FANGORIA AWARDS」がホラー・ジャンルでは昔から有名で、新しくこの手の賞が開設されるのは良い意味で素晴らしいですね。こういうのを日本でもやってくれるといいのにな~

  2. ひるるん says:

    マラソンライブも今週末で一段落のようで・・・
    あと一息、がんばってください!{花火}
    エキスポランドの件、近所の「よみうりランド」は、
    事故機と同じメーカー製品のため、しばらく、
    運転停止になりました(–#)
    あまり他人事とは思えません(T-T)
    しかも原因は、検査不足のようですね・・・。
    公園の木製遊具と同じく、是非「安全とは何か」
    に、立ち戻って頂きたい事件ですね・・・。

  3. sin says:

    >シバチョーさん
    ホラーTV良いでしょ?(笑)
    開設時は割と微妙なプログラムだったんですが、FOX傘下になってからは結構良い感じになってきてます。
    「FANGORIA AWARDS」有名ですよね。
    日本にもこういうイベントあればいいのに。

    >ひるるんさん
    そうですね、何とか一区切りです。
    今週末はセッションなんで、気軽に楽しんできます♪
    エキスポの件は本当に残念です。
    今後に必ず活かしてもらいたいですね。

コメントの受付は終了しました。