音楽漬け

今日は12時半から16時半まで六合のスタジオ。
次回のライヴに備えて新曲のアレンジ中心にやってきました。
先月のライヴから積田がギター弾けないのでシンセとバッキングのギター(一部)を同期させてるんですが、新曲をスタジオで合わせる時は当然ギター1本でオケなし。
ここから全体のサウンドを作っていくのが難しいですね。
しかし、これに慣れなければ。

練習終了後、昨日会った人たちと次々に遭遇。
よた帝もスタジオでした(笑)

その後、ミューズに移動してアレキのリズム隊が所属するCrimson Riderと有望若手ギタリスト村田くん率いるプログレ・メタル・バンドFreamのライヴ観戦。
前回のMOJOで対バンしたSINGEReは一番手だったので残念ながら間に合いませんでした…。

そう、今日のライヴは何と7バンド出演!
こんな無茶するのMOJOだけかと思ったらミューズもか。
そりゃ商売だから利益も確保しないといけないけど、こういうライヴハウス側にしかメリットのないやり方ってのは良くないよなぁ。

案の定長すぎてかなり疲れてしまいました…。

そんな中、1人弾き語りで出演していた吉田あきらという人がかなり上手くて、色んな意味で浮いてました。
あれだけアコギ弾ける人はなかなかいません。
CD買って帰るの忘れた…。

おぉっと、Crimson RiderとFreamも良かったですよ。
前者はジャパメタ+DT+北欧キラキラメタルのシンセ、後者はDT+チルボド+CACOPHONYみたいな感じでなかなか個性的だと感じました。
もっと細かい部分がガチっと合って、パフォーマンスとかも研究したらかなり良い感じになるんじゃないかと思います。

ちなみに写真はトリのSOLID SHRIEK。
ブラック・メタルな白塗りメイクでヘヴィ・ロック。
それなのに「ありがとう」と言うあたりに好感持ちました。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. マーティ・フリードマン インタビュー&プレイリスト

    元メガデスのギタリストが日本に住んでいる。そう耳にして驚いたのはもう何年前だったか。あるとき深夜番組で見たその人は、ギターを手軽なおもちゃのように操りながら、流暢な日本語でJ-POP礼賛を語っていた。マーティ・フリードマン。偏見を持たず、こだわりは満載で、…

コメントの受付は終了しました。