PORCUPINE TREE グラミー・ノミネート!

Fear of a Blank Planet

Fear of a Blank Planet

今更ですがヘヴィ・ローテーション中です。
Gavin Harrisonのドラムが気持ち良過ぎ。
この人いまいち日本では知名度低い気がしますけど、相当上手いです。
テクニックも相当なものですけど、手足のバランスや奇数拍子の組み立て方、金物の使い方なんか、かなりのセンスを感じますね。
何よりまず音が良いし。
確かに最近のデス/ブラックに代表されるエクストリーム系ドラマーのプレイは凄まじいものがありますけど、あれって割と技術至上的なとこがあるように感じるんですよねぇ。
それと比べると、破壊力は無いかも知れませんが、Gavin Harrisonのプレイは非常に音楽的だと思います。
それにしても、今度KING CRIMSONで叩くって本当?

PORCUPINE TREE情報としては、「Fear of a Blank Planet」がグラミー賞のベスト・サラウンド・サウンド・アルバム部門にノミネートされたり、以下の旧譜10タイトルが来年の1月に発売されたり。
早くまた来日してくれないかな。

●『On the Sunday of Life』 (91年)
●『Up The Downstair』 (93年)
●『The Sky Moves Sideways』 (95年)
●『Signify』 (96年)
●『Coma Divine』 (97年)
●『Metanoia』 (98年)
●『Stupid Dream』 (99年)
●『Voyage 34: The Complete Trip』 (00年)
●『Lightbulb Sun』 (00年)
●『Stars Die: The Delerium Years 1991-1997』 (02年)

紙ジャケってのはいただけないけど(Steven Wilsonの希望らしい…)、入手困難になってた作品もあるので持ってないのはまとめ買いしようと思います。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Music

コメント

  1. Brenda says:

    Category 95・・・必死で探しました。
    麗しいStevenの名前を発見した時は感動しました。

    早く会いたいなぁ。
    今度こそ連れて帰ってもらおーっと(^^;

  2. sin says:

    ノミネートされた5.1ch版、まだ聴いてないんですよねぇ。
    と言うか、2枚組限定盤が入手困難…。
    頑張って探します。

    来年あたり来日しそうですけど、会場は間違いなく小さくなるでしょうね。

コメントの受付は終了しました。