あの優雅で、儚く、可憐な歌声がもう聴けなくなるのか。


今日、天野月子が自身のブログで「天野月子」としての 活動を停止する事を発表しました。

彼女の歌声を初めて聴いたのは、今から6年前。
アルバム「Sharon Stones」が出たすぐ後でした。
音楽活動を通して知り合った友人がそれはもう熱狂的なファンで、半ば強引に音源を渡されたのが切欠でした。

それから6年間、隙あらば知人・友人に薦めたり、働いていたレンタルビデオ屋では勝手にランキング上位に入れたり、特集を組んだりと、1人でも多くの人に彼女の世界を知ってもらう為に職権乱用したものです。
自分もこんな世界を、誰にも侵せない世界を作り上げたいと、いつも刺激を受けながら前だけを向いて音楽活動を続けて来ました。
きっと彼女もずっと自問自答しながら、でもがむしゃらに走って来たんだと思います。
立ち止まって、大きく息を吸って、のんびり寝転がって、また気が向いたら戻って来て下さい。


自分にもバンドを止めたり、ドラムを止めたり、音楽を聴くのを止めたり、そんな時が来るんだろうか?
昔はそんな事全く考えられなかったけど、最近はたまに想像してしまう事があります。
一番最近だと「宵闇の残光」のレコーディングが終わった時。
もう明日死んでも良いと思った。
すぐに次にやりたい事が浮かんだけど(笑)


Similar Posts

コメント

  1. 1349Hellfire says:

    そうですか・・・天野月子が・・・
    彼女の事はセカンドシングル「G.B」で知りました。
    また実力派女性シンガーソングライターが出てきたなと嬉しく思った記憶があります。
    暫くご無沙汰でしたが・・・
    久しぶりにベストアルバム聞いてみよう・・・

  2. sin says:

    >1349Hellfireさん

    天野月子、ご存知でしたか。
    本当に残念でなりません…。
    秋に発売されるアルバムが最後の作品になるようなので、是非それもチェックしてみて下さい。

コメントの受付は終了しました。