僕らのミライへ逆回転

bekindrewind.jpgひょんなことからハリウッド映画をホームビデオで勝手にリメイクしてしまうおバカな男たちの姿を、映画愛と手作り感いっぱいに描いたハートウォーミング・コメディ。

出演:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローバー、ミア・ファロー、メロニー・ディアス、シガーニー・ウィーバーほか
音楽:ジャン=ミシェル・ベルナール
脚本:ミシェル・ゴンドリー
監督:ミシェル・ゴンドリー



まずはYouTubeで”Sweded”を検索。
世界中には愛すべきバカたちが沢山いる事が分かってニンマリしてしまいます。
この”Sweded”とは何か?
それはこの作品内で、ジャック・ブラックたちが手作りビデオをお客さんに誤魔化す為に「このビデオは”Sweded(スウェーデン製)”なんだよ」と適当すぎる言い訳をした事から、この”Sweded”という造語が映画好きに広まり、YouTubeなどで”Sweded”作品がブームになったというわけなんです。
それくらいこの作品の中で名作の数々が”Sweded”されていく様子は印象深く、誰しもが自分たちでもやってみたくなる事請け合い。
僕がこの作品のストーリーを最初に知った時、「絶対にこれは爆笑必至の作品になるに違いない!」と確信したのもそこが大きな理由でした。

しかし、実際に観てみてそれは良い意味で裏切られました。
名作の数々を”Sweded”するのはあくまでストーリーの過程であって、作品のテーマではなかったんです。
そう、この作品はジャック・ブラック主演のおバカコメディではなく、現在の映画界へのアンチテーゼを多分に含んだ感動作でした。

ストーリー自体が傑出してるわけでもないし、期待していたジャック・ブラックも割とおとなしめ。
でも、クライマックスではじーんと胸に来てしまう。
それは何故か?

それは映画に限らず、何かを作るという行為の原点をシンプル且つストレートに表現しているからだと思います。
大金を注ぎ込んだCGも大掛かりなセットも大スターもなし。
あるのは情熱とアイデア。
ただひたすらにお互いが目指す目標に向かって協力し合う姿と、その結果としてのささやかな幸せが胸を打つのでしょう。
ミシェル・ゴンドリーの映画への愛がひしひしと感じられる佳作です。

予想とは違う内容でしたけど、映画館で観て良かったなぁと思える作品でした。
映画好きにこそ観てもらいたいですね。

作品内で”Sweded”される作品リスト

ゴーストバスターズ
ロボコップ
ボーイズン・ザ・フッド
ライオン・キング
モハメド・アリ/かけがえのない日々
2001年宇宙の旅
ラッシュアワー2
ドライビング Miss デイジー
キャリー
キング・コング
メン・イン・ブラック
シェルブールの雨傘
ブギー・ナイツ
ラスト・タンゴ・イン・パリ




Similar Posts