師走の別れ

いやぁ、この1週間はキツかった。
全然休みじゃない5連休の後は案の定仕事がかなり忙しかったし(メール500通以上届いてた…)、週末はのんびりしようかと思ってたけど何だかんだでバタバタ。
そうこうしてる内に先月会いに行った熊本の祖母が亡くなって、月曜仕事終わってすぐに熊本に飛んで、翌日葬儀。
帰ってきたらまた休んだ分仕事が溜まってて…。
風邪の兆候はあるも、きっと気のせいだと自分に言い聞かせて何とか乗り切った感じ。

葬儀は親族一同勢揃いで、本当良い式でした。
ホールとかじゃなくて家でやる葬儀なんて初めてだったんですけど、親族みんなで家から送り出すのって良いもんですね。
準備とか慌ただしくて大変でしたけど。
10年くらい会ってなかった従兄弟と再会出来たり、従兄弟の子供たちに初めて会えたのは嬉しかったな。

穏やかな顔をした祖母を見ながら「この人がいなかったら自分は生まれていなかったんだな」と思うと、感謝の気持ちで胸が一杯になりました。
戦争やその後の貧しい時代を乗り越えて、子供たちを立派に育て上げたんですもんね。

今までお疲れさま。
ありがとう。



祖母と同じ日に樋口宗孝も亡くなったとの事。
ドラムを始めたばかりの頃に憧れた、数少ないワンバスドラマーでした。
ご冥福をお祈りします。


Similar Posts

ファイル・ロケーション: Life

コメント

  1. ビョン姫 says:

    8月にあなたと同じようにお亡くなりになった祖母に対して父を産んでくれてありがとうっていう文章に出あいました。私はこのようなことを思ったことがなかったのでとても感動しました。いま考えると祖父や祖母の告別式に参列したことないわ~あまりに身近な人は亡くなると悲しみより雑用のほうが多いです。

  2. sin says:

    僕も昔はそういう風に考える事なかったんですけど、最近生きているだけで幸せだなぁと思う事が多くなりました。
    恵まれた環境にいるのにそれを認識しないというのは悲しい事だと思うんですよね。
    あとは、やっぱり感謝の気持ちは常に持つように心掛けてます。

    お葬式とかは実際にやると準備が大変で悲しむ暇もなさそうですよね…。

コメントの受付は終了しました。