壁と卵

タイトルから分かる通り、エルサレム賞授賞式での村上春樹のスピーチについて。

僕は村上春樹という作家の大ファンなわけではありません。
高校時代に幾つか読んだ中で、「国境の南、太陽の西」や「ノルウェイの森」の雰囲気が好きだった事が記憶にある程度です。色んなブログを参考にしつつ、自分の全く情けない小学生レベルの英語力アップも兼ねて原文を読んでみたのですが、報道されている内容はどうも本人の意図と少し違うように感じたので書く事にしました。
ちなみに、原文はこのサイトのものを読みました。
現地の情勢を考えれば賛否両論が出て当然だとは思いますが、それでもこのスピーチは素晴らしいし、それ以上にこの行動は素晴らしいと思います。

壁を人間が作り出したシステムに、卵をシステムを作り出した人間に例え、小説同様に聴き手(読み手)の想像力を喚起する。
全てを具体的に描かないことで伝わるものもあるんです。

このスピーチはイスラエルを批判する為のものでも、パレスチナを擁護する為のものでもなく、もっと大きな、個人と国家、個人と宗教、個人と人種、そういったもの全てに対しての根源的なメッセージだと僕は受け取りました。
明日を想像出来る環境にいるからこそなのかも知れませんが、すぐに何かが変わらなくとも、これが種になる事を願います。

以下、自分に都合の良いように解釈した訳。

常に卵の側に - 村上春樹 –

私は小説家として、つまり嘘を紡ぐプロとして、今日エルサレムにやって来ました。

勿論、小説家だけが嘘をつく訳ではありません。周知のように政治家も嘘をつきます。外交官や軍人は時と場合によって嘘をつきます。車のセールスマンや肉屋さん、建築業者もそうですね。小説家とそれ以外の人たちとの違いは、小説家は嘘をついても誰にも不道徳だと咎められることがないことです。実際、より大きく、巧みな嘘を創造するほど皆さんや評論家たちに賞賛されます。何故でしょう?

私の答えはこうです。すなわち、優れた嘘 -真実のように見える小説- で、小説家は真実に新たな地位と光を与えるのです。殆どの場合、真実をありのまま、正確に把握するのは実質不可能です。だから、私たち小説家は真実を隠れ家からおびき出して尻尾をとらえようと試み、真実を小説のところまで運び、小説の形へと置き換えるのです。これを成し遂げる為に、私たち小説家は、私たちの中の真実がどこにあるのかを明確にさせます。これが良い嘘をつくための重要な条件です。

しかし今日は、嘘をつくつもりはありません。出来るだけ正直でいようと思います。1年のうちで嘘をつかない日は数日しかありませんが、今日はその1日なのです。

では、真実をお話しましょう。多くの人々がエルサレム賞を受賞しに行くのは止めた方が良いと忠告してくれました。もし行くのなら、私の本の不買運動を起こすと警告する人までいました。

これには勿論理由があります。ガザで荒れ狂った激しい戦闘です。国連の報告によると封鎖されたガザで1000人以上の人々が命を落としました。その多くは非武装の市民であり、子供であり老人でした。

受賞の報せから何度自分自身に問いかけたでしょうか。こんな時にイスラエルを訪れ、文学賞を受け取る事が正しい事なのかと、紛争の片側を支持する印象を与えるのではないかと、圧倒的軍事力を行使する事を選んだ国の政策を認める事になるのではないかと。勿論そんな印象を与える事は望んでいません。私はどんな戦争も認めませんし、どんな国も支持しません。勿論自分の本不買運動も見たくはありません。

でも悩んだ末に、遂に私はここに来る決心をしました。余りにも多くの人々から行かないように忠告されたのが理由のひとつです。恐らく、多くの小説家同様に、私には言われた事ときっちり反対の事をする傾向があります。「そこに行くな」「それをするな」などと誰かに言われたら、ましてやそれが警告であったなら、「そこに行って」「それをする」のが小説家としての私の性なのです。小説家というものは特殊な種です。その目で見ていない物、その手で触れていない物は何も信じる事が出来ないのです。

だから私はここにいます。近寄らないより近寄る事を選びました。見ないより見る事を選びました。沈黙より皆さんと話す事を選びました。

政治的なメッセージを届ける為にここにいるわけではありません。正しい事、誤っている事の判断を下す事は、勿論小説家の最も大切な職務の一つです。

しかし、こうした判断をどのような形にして届けるかは作家によって様々です。私自身は、シュールなものになりがちですが、物語の中に織り込むのを好みます。今日皆さんに直接的な政治的メッセージをお届けするつもりがないのはこうした理由からです。

それにも関わらず、非常に個人的なメッセージをお届けする事をお許し下さい。これは私が小説を書く時に常に胸に秘めている事です。紙に書いて壁に貼るような事さえした事がありません。むしろ、それは私の心の壁に刻み込まれているのです。

「高く堅い壁と、その壁に立ち向かって割れる卵がいたら、私は常に卵の側に立つ」

ええ、どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていようとも、私は卵の側に立ちます。何が正しく、何が間違っているかを決める事の出来る誰かがいるとすれば、それは時間か歴史ではないでしょうか。如何なる理由であれ、壁の側に立って作品を書く小説家がいたとしたら、そんな作品に何の価値があるのでしょう?

この比喩が意味するものとは何でしょう?ある場合には、それはシンプルで明快すぎます。爆撃機と戦車とロケット弾と白リン弾は、高く堅い壁です。卵とは、それらによって押しつぶされ、焼かれ、撃たれる非武装の市民です。これが比喩の意味するもののひとつです。

しかし、それが全てではありません。より深い意味を運んできます。こう考えて下さい。私たちは、多かれ少なかれ、卵です。それぞれが壊れやすい殻に包まれたたった一つのかけがえのない存在です。これは私にとって真実であり、あなたにとっても真実でしょう。そして、私たちは、多少の違いはあれど、高く堅い壁に立ち向かってます。その壁の名は、システムです。システムは本来私たちを護るべきものですが、時にそれ自体が命を宿し、私たちを殺したり、殺し合うように仕向けます。冷酷に、効率的に、徹底的に。

私が小説を書く理由はたったひとつしかありません。個々の存在の表層に尊厳をもたらし、光を当てる事です。物語の目的とは、私たちの存在がそのシステムによって網にもつれ、貶められるのを防ぐために、光を保ち続け、警鐘を鳴らし続ける事です。私は個々の存在がかけがえのないものである事を証明し続ける事が小説家の仕事だと心から信じています。それは生と死の物語や愛の物語、人々が声を上げて泣き、恐怖に身を震わせ、笑いで体を揺らすような物語を書く事によってなされます。だから私たち小説家は、来る日も来る日もとことん真剣に、作り話をでっち上げ続けるのです。

私の父は昨年90才で亡くなりました。彼は元教師でパートタイムの僧侶でした。彼は大学院にいた時、徴兵され中国に派兵されました。戦後生まれの子供として、私は毎朝、朝食前に長く深い祈りを仏壇の前で捧げている父を目にしていました。ある時、私がどうしてお祈りをするのか尋ねると、父は戦争で死んだ人々の為に祈っていると答えてくれました。

敵味方関係なく、死んだ全ての人たちの為に祈りを捧げていると父は言いました。仏壇の前に跪く父の背中を見つめると、死の影が父から離れないような気がしました。

父の死と共に父の記憶も消え、それを私が知る事はありません。しかし父に潜んでいた死の存在を今も私は忘れていません。それは私が父から受け継いだ数少ないものの一つであり、最も大切なものの一つでもあります。

今日皆さんに伝えたかった事はたった一つだけです。私たちは誰もが人間であり、国籍・人種・宗教を超えた個人であり、システムと呼ばれる堅い壁の前にいる壊れやすい卵です。どう考えても勝ち目はありません。その壁はあまりに高く、強靭で、冷酷です。もし勝ち目があるとすれば、それは私たち自身とそれ以外の人々の存在がたった一つのかけがえのないものであることを信じ、団結する事で得られた温もりによって導き出されなければなりません。

ちょっと考えてみて下さい。私たちはそれぞれが、実体と生きた魂を持っています。システムは何も持ち合わせていません。私たちはシステムが私たちを食い物にするのを許してはなりません。システムが一人歩きする事を許してはなりません。システムが私たちを作ったのではなく、私たちがシステムを作ったのです。

皆さんに伝えたかったことは以上です。

エルサレム賞をいただき、感謝しています。世界の多くの場所で私の本が読まれた事にも感謝しています。そして、今日ここで皆さんにお話する機会を頂けた事を嬉しく思います。


Similar Posts

コメント

  1. なおぢ says:

    ノルウェーの森は好きでした。あのファジーな感覚が良かったですね。
    ねじまき鳥も良かったです。世界の終わりと・・・も良かったです。
    それ以上に河合隼雄さんとの対談の本が面白かったです。
    彼の言っている事まだちゃんと見てないのでよくわかりませんが、たぶん言っている事はまともだと思います。
    問題はエルサレムの賞をいただいた所に・・・
    何かややこしいですね。

  2. sin says:

    小説家としてのスタンスを崩さずに話しかけているのも良いなと思いました。

    エルサレム賞を受賞した事は問題じゃないと思いますよ。
    それが目的だったらあれですが、手段ですからね。

  3. REINA says:

    スゴいね、よくここまでキレイに訳したね。
    確かに報道が中途半端で気にはなってたけどスルーしてた。
    ヨーロッパ方面の人とかに村上春樹ファンが多いから、確かにこのスピーチにはすごい意味がある気がする。

    この問題って一朝一夕ではどうにもならないけど、そこにちゃんと直面しようとした、って行動は評価すべきやな、って思った。
    小説でも音楽でも何でも良いけど、こういう風に何かを通じて世界に訴えかけようとするってカッコいいよね。

  4. sin says:

    まだ全然訳し終わってないねん(苦笑)
    これくらいの長さでこんなに時間かかってたらヤバいわぁ。

    どんな事でも良いけど、訴えかけるものがないならやる意味ないしね。
    「楽しい」とか単純な事でも良いんやけど、やっぱり何か伝わるものがないと。

  5. なおぢ says:

    お疲れ様です。よくやりはりました。
    村上さんは英米文学が専門だったと思う。英語がちゃんとできる人なので言いたい事はちゃんとスピーチに反映してると思います。
    彼は社会情勢にも敏感な人ですね。アンダーワールドとか読みました?読んでなかったら是非読んでくださいね。
    確かにここ数年の世界情勢の変化はすごすぎて私とかついていけなかったりします。

  6. sin says:

    かなり英語の勉強になりました(笑)
    作品は4〜5冊しか読んでません。
    「アンダーワールド」機会があったら読んでみますね。

  7. 村上春樹の「卵と壁」スピーチについて思うこと

    (一応前回の続きです。)
    今年2月に、村上春樹がイスラエルの文学賞「エルサレム賞」を受賞し、授賞式で「卵と壁」のスピーチをしたことは、記憶に新しい。
    当時はイスラエル…

コメントの受付は終了しました。