新しいiPod shuffle発売!

new_shuffle

たまたまAppleのサイト見に行ったら先日のiMac、Mac Pro、Mac miniに続いて、新しいiPod shuffleが発売されていました。
どうやらついさっき発売開始されたばかりみたいです。

  • サイズは45.2 x 17.5 x 7.8mmで、重さは10.7g。
  • カラーバリエーションは白と黒。
  • 操作がヘッドフォンに付属のリモコンに変更。
  • 容量は4GB。
  • 連続再生時間は約10時間に短縮。
  • VoiceOver機能(再生中の曲名・アーティスト名・プレイリストの読み上げ機能)搭載。
  • 8,800円。

注目すべきは新機能のVoiceOver機能でしょうね。

画期的な新機能、VoiceOverで、iPod shuffleが世界初のあなたに話しかけるミュージックプレイヤーになりました。これからは、まったく新しい方法で音楽をブラウズしてナビゲートします。ボタンを押すだけで、VoiceOverが曲を中断せずに、音声で教えてくれます。日本語の曲名、アーティスト名、プレイリストの名前は、日本語で読み上げます。

VoiceOverの魅力は、それだけではありません。はじめて複数のプレイリストを楽しめるようになり、VoiceOverがプレイリストの名前を読み上げます。たとえランニングの途中でも、目をそらすことなく、指先だけで、聴きたいプレイリストを簡単に見つけられます。

との事。
早速どんな感じなのかサイトで聞いてみましたが、あくまで”音声サポート”レベルという感じでした。
どれくらいの難しさまでなら読みは大丈夫なんでしょうか。
気になるところです。
ただ、目の不自由な人にとってはとてもありがたい機能なんではないでしょうか。
デジタル化が進むとどうしても触れて判断する機会が減ってしまうと思うんですが、こういった読み上げ機能が充実する事で補っていけるんじゃないかなと思います。

今度Appleストアに行って触って来ようっと。


Similar Posts

コメント

  1. モミ says:

    六合の曲は読めないかもね
    もし既存の曲が読めた場合、今後shuffleが読めないような曲名をつけましょう

  2. なおぢ says:

    最近の環境は障害者にやさしくないですよ。もちろんお年よりにも。
    障害者の介護を仕事としている私としては本当何とかしてほしいです。
    shuffleの中身はディレクトリで構造化されてるのかな?

  3. sin says:

    >俊介
    読めないやろうねぇ。
    あんまりまだ精度高くなさそうやし。
    でも敢えて読めない曲名にしなくても(笑)

    >なおぢさん
    最近というか、昔から優しくはないでしょうね。
    ただ、パソコンやネットなんかはここまで浸透するくらい確実に敷居は低くなってきてるとます。
    それ自体の善し悪しは別として。
    shuffleはiTunes自体がディレクトリで管理されてるんできっと同じだと思いますよ。

  4. なおぢ says:

    そうか、そうだよね。iTunesはそうだよね。
    でも、shuffleでもiTunesで作ったディレクトリのイメージをそのまま持ってるんやね。
    効率が悪いというか・・・なんというか。

  5. sin says:

    いや、詳しい事は分かりませんけど恐らく。
    プレイリストとかになるとタグ付けされるんでしょうけど。

コメントの受付は終了しました。