寝起きの精神異常者

昨日は三条木屋町にあるSomething IVという鴨川を見下ろせるカフェバーみたいなところでセッションのハシゴでした。
昼の部はQUEENファンにはお馴染みROYさんのイベントで、夜はお世話になっている田辺モットさんのイベント。

ROYさんとはかなり久々の再会だったんですが、相変わらずのコスフレっぷりを堪能させてもらいました(笑)
いやぁ、やっぱりあのQUEENへの無償の愛は凄いとしか言いようがないですね。
とてもじゃないですが真似出来ません。
セッションは予習なしのぶっつけだったんで、幾つか危ない箇所がありましたね(汗)
やっぱり何かしらメンバー間の共通認識が無いとなぁ。

モットさんの方は、昼の部とは打って変わって大人な雰囲気でスタート。
メンバーも日本の音楽シーンを支えてきたベテラン・ミュージシャンばかりとあって、間の取り方が本当に見事でした。
ああいうのをもっと身に付けないとなぁ、なんてウトウトしながら思ってたらいつの間にか本当に寝てたみたいで、起こされたらセッションが始まってました。
そしたら、いきなり”21世紀の精神異常者”。

クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)

拷問かと思いましたね。
その後もQUEENとか数曲叩いて、セッションは終了。
イベントはまだ続いていたんですが、六合の歌録りに立ち会う為、先に失礼させてもらいました。

帰宅後は伏見RAGへ直行。
今回、かなり良い感じのテイクが録れてます。
これまでよりも表情豊かというか、抑揚があるというか、とにかく良い感じ。
お楽しみに!
歌は時間かけると喉がどんどん死んでいくので、昨日はメインの一部とコーラスを残して早めに切り上げ。
天一食べて帰宅という不健康パターンでした。

今日はこれから歌の残りを録って、ミックス、そしてマスタリングという強行スケジュール(苦笑)
納期が8月末必着なのです。

今は昨日スタジオに持ち込んだ宅録ギター・トラックに一部問題発生で、データを再度書き出し中。

shishitama_rec_090823

相当面倒臭い作業なんですけど、怪我の功名とはまさにこの事。
微調整してたら前より音良くなりました(笑)
いやぁ、本当に音作りは奥が深いなぁ。
ドラムだったらこれまでの経験で多少分かるけど、ギターは今回が初ですからね。
ちなみに、音作りの取っ掛かりを作る為にこんな本買ってみたり。

サウンドメイク・ファイル 2009 特別付録CD付 (シンコー・ミュージックMOOK)プライベートスタジオ・デザインBOOK(ブック) SOUND DESIGNER 8月号増刊 2009年 08月号 [雑誌]

左の方は色んな有名曲のアンプやエフェクターのセッティング例が載ってるというもの。
結局ギターそのものやアンプ、弾く人によって音なんて変わるんで、本当に参考程度にしかならないんですけど、全くギター素人な僕には結構良い勉強になりました。
ドラムでもREC向けのこういう本出して欲しいなぁ。

右の方はギターの音作りに直接関係あるわけじゃないんですが、プロがどういう機材を使って宅録(とは既に呼べないレベルだけど)してるか分かる一冊。
プライベートスタジオってミュージシャンなら誰しもいつかは手に入れたいと思ってると思うんですが、そのプランニングにも役立ちます。
最近、暇さえあれば眺めてニヤニヤしてる危険な本。

ギタリストの皆さん、もしくはエンジニアさん、良い本あったら教えて下さい。
まぁ、そんなこんなでこれからスタジオに向かいます!


Similar Posts

コメント

  1. ろじゃばりん says:

    お疲れ様でした!

    寝起きの精神異常者は笑いましたわ(笑)
    あと寝起きのTIE YOUR MOTHER DOWNも・・

    映画のお話もできて、楽しかったですよん♪

  2. なおぢ says:

    仕事も大変なみたいでお疲れ様。
    寝起きのドラッグクイーン、性癖倒錯者にならなくて良かったですね。
    同じ時私らも本番でしたが、こっちは寝てたら大変な事になるよ。
    男子ならたくさんの女王様に囲まれメイクされ蛙ビキニ着せられ本物のムチで起こされる・・・
    この様子はまるでいやまさしくホラー映画です。

  3. sin says:

    >ロジャバリンさん
    お疲れさまでした〜
    無茶振りの嵐で大変でしたね(笑)
    久々のROYさんを堪能しました。
    また映画の話しましょうね〜

    >なおぢさん
    ほんとヤバい状況です。
    毎日クリムゾンのジャケみたいな顔してます。
    ホラー映画は好きですけど、そういう目には遭いたくないです(笑)

コメントの受付は終了しました。