Top 10 Films of 2012

サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション DVD

1. サニー 永遠の仲間たち
2. トロール・ハンター
3. アルゴ
4. 遊星からの物体X ファーストコンタクト
5. プロメテウス
6. ヘルプ 心がつなぐストーリー
7. ホビット 思いがけない冒険
8. 最強のふたり
9. 裏切りのサーカス
10. ドラゴン・タトゥーの女

今年の映画館での鑑賞数は過去最高の51本!
TOHOシネマズのフリーパスポート欲しさもあったけど、観に行きたいと思える作品が結構多かった。やっぱり映画は映画館で観てこそ。
そんな中、圧倒的に心に残ったのが「サニー 永遠の仲間たち」。これからも繰り返し見て、何度も泣くこと間違いなしの傑作。まだ見てない人は人生損してる。
「トロール・ハンター」はPOVスタイルの一つの完成系と言えるんじゃないかな。作り込み方がハンパじゃない。低予算でこんな作品が作れてしまう時代ってのは凄いよなぁ。
個人的に俳優よりも監督の方が向いてると思ってるベン・アフレックの「アルゴ」は、昔よく見たような展開を丁寧に描いていて逆に新鮮だった。
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」と「プロメテウス」はどちらも傑作SFのプリクエルで期待も高かったけど、それを軽く超えてくる圧巻の仕上がり。”プリクエル駄作説”は結局作り手次第で如何様にも出来るという良いお手本になったんじゃないかな。
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」はドラマとして本当に良く出来てた。エマ・ストーン最強。
「ホビット 思いがけない冒険」は再び中つ国へ連れて行ってくれるというだけでも十分なのに、ライド感満載の映像まで加わってお腹いっぱい。続きが楽しみ。
「最強のふたり」はハリウッド作品にはない適度なドライ加減が心地良かったな。実話ベースでお涙頂戴になっちゃうとちょっとね。
「裏切りのサーカス」はゲイリー・オールドマンの渋さをただひたすらに堪能する作品。寡黙な情報量(見れば分かる)に圧倒された。
作品としてオリジナル版には劣るものの「ドラゴン・タトゥーの女」も結構印象に残ってる。まぁこれは原作の良さに加えて、フィンチャーの映像センスが大きいかな。

ランキング外の作品はこちら。

哀しき獣
Jエドガー
タイム
シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム
ヒューゴの不思議な発明
戦火の馬
スター・ウォーズ エピソード1 3D
タイタニック 3D
バトルシップ
マンイーター
タイタンの逆襲
捜査官X
ブライズメイズ
ファミリーツリー
メン・イン・ブラック3
ダーク・シャドウ
幸せへのキセキ
テルマエ・ロマエ
アメイジング・スパイダーマン
スノーホワイト
ワン・デイ 23年のラブストーリー
シャーク・ナイト
おおかみこどもの雨と雪
ダークナイト ライジング
アベンジャーズ
トータルリコール
THE GREY 凍える太陽
るろうに剣心
デンジャラスラン
ロック・オブ・エイジズ
ボーン・レガシー
ハンガーゲーム
アイアン・スカイ
エクスペンダブルズ2
ザ・レイド
悪の教典
人生の特等席
ドリームホーム
007 スカイフォール
フランケン・ウィニー
レ・ミゼラブル

来年も素晴らしい作品と沢山出会えますように!多分こんなには見ないだろうけど(笑)


Similar Posts